日記をメールで配信ご希望の方は,空欄にメールアドレスをご記入上、 送信してください。
ブログ更新と同時に同じ内容の記事をメールマガジンで登録します。

メルマガ登録・解除
宮ぷーかっこちゃんドキュメンタリー制作日記
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ


予告編映像です
宮ぷーとかっこちゃん(山元加津子さん)との日々を映像として紹介しています。


(再生ボタンを押すと、動画がはじまります)

ぜんぶなおす

  • 2010/05/24(月) 23:53:33

かっこちゃんの大好きな友達、ペルーの阪根さん、イスラエルの榊原さんが
帰国して、宮ぷーの病院にやってくると聞いて、撮影に。
金沢駅で小林さんがレンタカー屋さんへ。阪根さんは、
「ベンツを借りるんだって」というので、「そうなんだ!」と思ってみたら、小さなかわいい国産車でした。
いひひと笑っている阪根さん、おちゃめっぷりは、健在です。

病室に到着して、みんなが宮ぷーに挨拶。宮ぷーがレッツチャットで
作った文章は、やっぱり「かっこちゃんをくれぐれもよろしくお願いします」
でした。

かっこちゃんが宮ぷーに「すわってるところ見せる?」と聞くとうなづいて、
そしてベッドの端に足をおろしてもらって、すわりました、
かっこちゃんが支えなくても、ずいぶん長い間一人ですわることが
できたのです。

次に、かっこちゃんが宮ぷーの後ろにすわって支えます。
宮ぷーの首はだらんとして顔は下を向いた状態。
宮ぷーの目が真剣になって、う〜んと力を入れて目を見開きます。

するとぐぐぐっと首が持ち上がってきて、さらに力を入れると天井を
仰ぎ見るまで頭を持ち上げることができました!しかも、12回も!!!

阪根さんも榊原さんも小林さんもびっくりして、涙を流していました、

一生体のどこも動かせないと言われながら、初めてすわることができた時の
気持ちを宮ぷーにインタビューしたら、
「うれしかった」「なおってきている」と言いました。

前に私が「みんなは宮ぷーが全部治ると信じてるけど、どう思う?」と
聞いたら、「わからない」と答えていた宮ぷーだったけど、
今日は違いました。

「ぜんぶなおす」と言いました。

まるで不動明王みたいに目を見開いて、顔を真っ赤にして何度も何度も
首を起こす姿は、「なおる」じゃなくて「なおす」と決めた宮ぷーの
強い意志が伝わってきました。

きっと宮ぷーは「わからない」と言いながら、どこかでずっと自分を
信じ続けてきたのだと思います。だから体がその想いを現実にしてくれた。
心が揺れて未来が信じられないときは、いつもかっこちゃんが語り
かけ続けた。「全部治るよ」と。

そうやって今がある。

病院からの帰りの車の中でかっこちゃんが
「信じる気持ちって大切だね。どんなにつらいこともいつかのいい日に
つながってるね」といいました。宮ぷーが倒れたこと、それはつらいこと。
そのことを受け止めて、その中でやれることを精一杯やってきた二人の
今までの姿をたくさんたくさん思い出しました。

かっこちゃんとも話して、もう一つ新しい予告編を作ろうと思います。
そして、そろそろ編集も初めていこうかと思っています。
どこでクランクアップとか、いつ上映とかはまだ見えてないけれど、
来月で撮影開始から1年。宮ぷーとかっこちゃんのいのちの軌跡を
紡ぎ初めてみようと思います。