日記をメールで配信ご希望の方は,空欄にメールアドレスをご記入上、 送信してください。
ブログ更新と同時に同じ内容の記事をメールマガジンで登録します。

メルマガ登録・解除
宮ぷーかっこちゃんドキュメンタリー制作日記
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ


予告編映像です
宮ぷーとかっこちゃん(山元加津子さん)との日々を映像として紹介しています。


(再生ボタンを押すと、動画がはじまります)

かっこちゃんと宮ぷーがテレビに出るよ!(関西系)

  • 2011/02/21(月) 14:21:12

「映画1/4の奇跡に出演のかっこちゃんと宮ぷーがテレビに出るよ!
誰にだって気持ちがあって、伝え合いたいこと、その想いが
きっといっぱい詰まったニュースになってるはず。

関西系の放送が見れるからぜひぜひ観てね!&周りの方にもお知らせしてね!

〜2月22日 毎日放送 ちちんぷいぷい 16時頃登場!〜

「一生植物状態」と言われた“宮ぷー”と、
「命あるかぎり、人は意思を伝えたい、伝えられる」と信じる、
映画1/4の奇跡」出演の山元加津子さん。

そんな二人に生まれた愛の奇跡!「満月をきれいと僕は言えるぞ」(三五館)
の宮ぷーとかっこちゃんが、関西方面の、毎日放送、ちちんぷいぷいに
22日火曜日、16時頃「石田ニュース」というコーナーに登場します。

二人のメルマガは「二年以上意識がないと思っていた祖父と会話ができた!」
「人を信じていいと思うようになりました」・・・など朝日新聞、東京新聞、
中日新聞などでも大反響です。ぜひ観てください。

知ること 知らせること

  • 2011/02/12(土) 08:38:10

2011年2月10日
前回、11月に撮影に行ってから3ヶ月ぶり。久しぶりに宮ぷーに会えるのが
楽しみです。サンダーバードの車窓からは雪の野原が一面に広がっています。
今回は、「宮ぷーの歌」を作ったCo906(こころ)さんが来られての病室での
ミニコンサートもあります。Co906(こころ)はママの裕子さんと娘ももちゃんの
デュオなんです。かっこちゃんと裕子さんが友達で、それで宮ぷーの歌を
作曲と歌ってくれることになったんです。

駅までかっこちゃんに迎えに来てもらって病院に着くと、
ちょうど裕子さんとももちゃんとマネージャーの
あめちゃんも到着。みんなで病室へ行きました。
宮ぷーは、Co906(こころ)さん達はもう少し後に来るんだと思って、
私に向けてレッツチャットでメッセージを入れてくれていました。
「おおさかからきてくれてありがとう」
宮ぷーが一文字一文字綴って作ってくれる言葉はいつも私の心を
あったかくしてくれます。私こそありがとう、ありがとうと
返事をしました。

あめちゃん車で東京から運んできたキーボードを設置していよいよコンサートのスタートです。宮ぷーはベットのへりに腰掛けて、お二人の正面に座るんだと、
言い張ります。ちょっと熱っぽい宮ぷーのことを心配してかっこちゃんが
「大丈夫?」と言ったけど、大丈夫と言い張ります。
1曲目は、裕子さんがももちゃんのために書いたハッピバースデーの歌でした。
宮ぷーは首をまっすぐに立てて、聞いていました。
ちょっと前まで、首を立てた状態を保つのも大変だったのに、
今は宮ぷーはしゃんとして歌を聞いている。すごいなぁすごいなぁ。
ちょうど「生まれてきてくれてありがとう」の歌詞が流れてきてじ〜〜ん。

2曲目は、「宮ぷーの歌」
「♪何を信じていいのか わからない夜も あなたが祈ってくれたら
  前へ進める〜もう2度と笑うことなんてないと思ったのに〜
  ほら私たち笑っているよ」
宮ぷーの顔がくしゃくしゃになりました。横に座って宮ぷーを支えている
かっこちゃんも泣いていました。いろんなことを乗り越えてきたんだもんなぁ。
今も乗り越えようと毎日を一生懸命生きてる。カメラ越しに見てきた
二人のいろんな姿が思い出されて、カメラマンであることを忘れて
思わず涙が出てしまいました。

最後に「ハッピバースデートゥーユー」のあの歌をみんなで歌って、
コンサートは終わりました。宮ぷーは最後まで首を立てて聴きました。

コンサートの後はリハビリをして、その後かっこちゃんの介護法ミニ講座が
始まりました。普通にやるととても重くて大変なのに、ある方法だと
軽々と寝ている人を移動させたりできるのです。最近、かっこちゃんは
行く先々でこれをみんなに披露しています。以前私と会ったときも、
講演会でも、会う人会う人に教えています。私が教えてもらったときは、
魔法みたいで、すごい〜!とびっくりしたところまでで
止まっていました。
かっこちゃんが言いました。
「知らないでやってて腰を痛める人もいるでしょ、それからこの方法を知って
 おじいちゃんを散歩に連れていけるようになったおばあちゃんもいるんだよ。
 散歩にいけたらおじいちゃん嬉しいよね。だからこうやってあちこちで
 紹介してるの」
あぁそっか、目の前の人に知らせることで、その人の向こう側の、
会ったこともないけれど、その誰かを楽にしたり、人生が変わったり、
そのためにいつもいつも知らせてたんだ。

知るってことも、知らせるってことも、貢献なんだと知りました。

☆☆☆☆☆☆☆ぜひ知ってほしい、知らせてほしい☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私は今、宮田俊也さんのドキュメンタリーを撮影しています。
宮田さんは突然、脳幹出血で倒れ四肢機能が全廃し、全身が動かなくなりました。
当然、コミュニケーション手段も失いました。
でも“レッツチャット”や“伝の心”といった意思伝達装置で気持ちを伝える手段を
取り戻したのです。

宮田さんが“レッツチャット”を使って、倒れて初めて「こんにちは」と
呼びかけてくれた時の気持ちを今でも忘れる事ができません。
しかし、こういった意思伝達装置の存在は医療関係の方にもまだ知られていません。
また、意識が戻っていても体が動かせないので、誰にも気づいてもらえないことも多い

そうです。「知らない」というだけで、気持ちを伝えられない人が何十万人といる、
という現実。

この現実に違いを創ろうと宮田さんの同僚の山元加津子さんが
「意思伝達大作戦」と名づけていろんなことに取り組んでおられます。
意思伝達にいろんな方法があることを伝えるHPを立ち上げました。
http://ohanashi-daisuki.com/talk/note/index.html
このペースでは意思伝達のためのいろんな情報が載っています。
またイラストを指差して意思を伝える「おはなしノート」が無料で
ダウンロードできます。
(ノートは有志のイラストレーターが全国から集まり自主的に制作されました)
現在は、このことを伝える人を募って「おはなし広報大使」としてMLなどで
情報を共有しあって、たくさんの方に知っていただこうと活動が行われています。
おはなし広報大使も募集中です、いろんなチラシもダウンロードできます!

実際、この活動から何人もの人が気持ちを伝えられるようになりました。
あるおじいさんは、意識がないと思われていましたが、
まぶたの開閉で意思を伝えられるようになりました。
意思があると気づいてもらえて、涙を流されたそうです。

もし皆様の周りで、意識がないと思われている方も、話ができないと思われてる方も
方法さえ見つかれば、気持ちを伝え合えるようになるかもしれません。
どうぞ、このHPの存在を知っていただいて、何かの折にはお伝えいただければ
嬉しいです。

気持ちを伝えられるって、嬉しいですもんね。
痛いところを伝えたり、大好きな人に「大好き」とか「ありがとう」
伝えることができるのは本当に嬉しくて大切なこと。
ほんのちょっと知ることで、知らせることで^^

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆